現在のページ : トップページ

お取り寄せの歴史とは

産地直送や宅配サービスという言葉を聞いたことはありませんか?インターネットが普及して自宅にいながらお買い物が楽しめる通信販売がショッピングの主流と化していますが、昔も自宅に居ながら買い物ができる「お取り寄せ」という商売が存在していました。


お取り寄せによる購入は今でもありますが、電話よりもインターネットを活用している方のほうが多いでしょう。
「お取り寄せ」とは、各地の物産を宅配で自宅に送り届けてもらうこと。
郵便局の小包や、それこそインターネットの普及によって繁盛したサービスです。
取り寄せの対象商品はほとんど、お菓子や加工食品など。
近年では配送技術があがり生鮮食品でも宅配サービスが行われるようになりました。


たとえばお歳暮やプライベート用としても活用されている「カニ」「サケ」などの魚介類。
新鮮な海でとれた新鮮なままの魚介類を楽しめることから多くの方が利用されています。
また、お歳暮としてそのまま相手に贈ることができるようになり、「産地直送だからこそ喜ばれる」贈り物となっています。


お取り寄せという言葉が出てきたのも最近です。
テレビやインターネットでのオンライン販売が普及し、言葉として人々に認知されるようになりました。
ですがその歴史は深く、江戸の時代でも「お取り寄せ」による物流は行われていました。
言い表し方が違うだけで、近代文化の技術を活用した商売方法です。
お取り寄せのメリットやデメリットはたくさんありますが、当サイトでは取り寄せに関する豆知識を紹介しています。